【痛風予防に効く!】尿酸値が高くなってきたら生活改善をしよう

夫婦

多く見られる生活習慣病

食生活の乱れなどで起こる痛風を予防しましょう。こちらで紹介されている食事を続けることで、辛い症状を防ぐことができます。

病気の主症状

男性

現在の日本人は長生きをするようになりましたが、同時に多くの病気にかかるようにもなっています。その代表が生活習慣病です。乱れた食生活や運動不足などが原因となって起こる病気です。その中でも多くの人が悩んでいる病気に痛風があります。通風は血中の尿酸値が高くなることによって起こる病気であり、尿酸値が高い状態が続くと足部に尿酸の結晶が出来るようになります。すると体は過剰に反応し激しい炎症を起こすようになるのです。このときの痛みは非常に強く、風にあたっただけでも痛むといわれています。痛風は常に痛む病気ではなく、発作的に症状が出て数日でおさまるというのが特徴です。発作はしばらくすると治ることから病気を深刻に受け止めることが難しく生活習慣の見直しが出来ない人が多いのがこの病気の特徴です。

大事なのは食生活の改善

痛風は一度発症すると完治することは難しいといわれている病気です。そのため、発症した場合には発作が起きないような予防をしていくことが必要になります。また、発症していない場合で尿酸値が高い場合には予防のために生活習慣を改めることが必要です。痛風の発作は数日もすればおさまるものですが、そのままにしておくと発作の頻度は多くなり、いずれは関節変形などの重度な症状を起こすようになります。末期には心臓に対しても負担をかけることもあります。予防するために最も大事なのは食事です。体内で尿酸となるプリン体という物質を出来るだけとらないようにすることが重要です。プリン体はお酒にもよく含まれています。プリン体が少ないお酒を選ぶことも予防につながります。

歩けない激痛

夫婦

痛風はプリン体の摂り過ぎが要因です。プリン体は肝臓に集められ尿酸となり、この尿酸が増えすぎると痛風を引き起こします。痛風の予防には食生活の改善が必要です。プリン体を多く含むアルコール全般、脂っこい肉類、魚、炭水化物など食べ過ぎに注意し、ストレスない生活を心掛けましょう。

詳しくはコチラ

ほぼ男性が羅漢の病気とは

健康

痛風とは、読んで字のごとくとても痛い病気です。しかもほぼ男性がかかると言われます。そして現代では通院し治療すれば完治する薬でもあります。しかし放置すると悪化し体中に関節痛が起こり腎臓に負担をかける為、かならず予防に努めましょう。

詳しくはコチラ

若い人でも気をつけよう

ジョギング

痛風は50代前後の人がかかることが多かったですが、最近は20代でも発症すると言うのが特徴的です。若い世代でも予防のために行動を起こすことが大事になります。痛風の人から人気がある食べ物が大豆です。抗酸化作用があるので、痛風だけでなく色々な病気の予防に役立ってくれます。

詳しくはコチラ